更年期障害の症状に効くサプリランキング

更年期障害に効くサプリ!

40代以降の女性は、閉経後にホルモンバランスの乱れからくる更年期障害に悩まされます。人により症状に差があるものの辛いものには変わりませんね。

 

当サイトはそんな辛い更年期障害を少しでも緩和し症状を和らげるために役立つサプリを紹介しています。主に大豆イソフラボンやローヤルゼリー、漢方成分などの女性ホルモンに作用する栄養素を配合し厳選したものだけを掲載しています。

 

更年期の症状にお悩みの方に参考になれば幸いです。

 

基本のサプリ
基本のサプリは、40〜50代の頑張りすぎな女性に贈るキッコーマンの更年期対策サプリです。

 

ホルモンバランスを整えるのと更年期障害に有効な大豆イソフラボン、ビタミンD3、葉酸などの栄養素をしっかり凝縮しています。1日たった2粒から辛い更年期の症状対策ができます。

 

本当に効果を実感してほしいから一切の妥協をせずに作られたのが基本のサプリなのです。今なら初回限定プライス購入できます。

 

ローヤルゼリープレミアムリッチ
ローヤルゼリープレミアムリッチは、年齢を重ねても毎日アクティブに過ごしたい女性を支えるローヤルゼリーサプリメントです。

 

更年期障害の緩和に効果的とされるローヤルゼリーをふんだんに配合し、40代以降の女性の綺麗と元気をサポートします。

 

一般的なローヤルゼリーサプリは高価なものとされていますが、ローヤルゼリープレミアムリッチの場合、1日約54円から始められるリーズナブルな商品です。

 

白井田七
白井田七は、体のめぐりを良くする実感力に長けた田七人参使用のサプリメントです。

 

顔のほてり、イライラなどの更年期の症状を含まれる田七人参のサポニンパワーが緩和します。さらに、フラボノイドやギャバなどの女性が喜ぶ成分が凝縮されているのも魅力の1つです。

 

漢方系のサプリはこれだけ、本気で更年期を解決したい方におすすめです。

 

更年期障害とは

 

女性の身体の働きを司っているものに、女性ホルモンがあります。女性ホルモンの働きが鈍ってくると、老化が加速したり、肌トラブルが出たりと、様々な不調に見舞われます。

 

女性ホルモンは若い頃には分泌も盛んでバランスが保たれていますが、年をとって閉経に近づいてくると分泌が著しく減少してきます。

 

そのため、ホルモンバランスがくずれてきて、体調に影響がおよぶのです。これを更年期障害とよび、近年では病院で治療を受けられる症状と考えられています。

 

閉経前後に迎える更年期

 

通常であれば、更年期は誰にでも起こり得る時期です。生理がある人ならいつかは閉経を迎えることになり、この前後期間が更年期となるのです。

 

女性なら誰でもなる更年期障害ですが、人によっては症状を感じない人もいます。また、症状の程度も人によって異なり、何も手につかなくなってしまうほど生活に支障がおよぶ人もいれば、忙しさから意識せずに済んだという人もいます。

 

努力次第で症状を緩和することもできるため、更年期障害だからといってネガティブになってしまわないようにしましょう。

 

病院で治療を受けられる

 

更年期障害には、様々な症状が現れます。頭痛やめまい、吐き気、ストレス、倦怠感、発熱など、幅広い症状が出る可能性があるのです。

 

複数の症状を訴える人もいれば、一つの症状だけでおさまる人もいます。いずれにしても、日常生活が出来なくなるくらい重い症状になったら、婦人科に相談することをおすすめします。

 

内服薬や注射などによる治療法もあり、相談できる人がいるだけでも症状が軽くなってくる人が少なくないのです。

 

一人で思い悩まずに、周囲の同年代の女性に相談してみるのもいいかもしれません。インターネットにも、更年期障害の悩みを抱える女性が発信している情報がたくさんありますよ。

更年期は女性ホルモンの分泌が減る

 

更年期とは、卵巣の機能が低下し始めて、完全に機能が停止するまでの前後10年間のことを言います。また、女性は大体40〜50第頃に月経が来なくなりますが、そのことを閉経と呼びます。

 

多くの女性が40代に突入したあたりから生理不順になり始めます。そこから更に20〜25日と徐々に短くなったり、無排卵になったり、次第に最後の月経を迎えます。最後の月経からから1年間月経が来なくなる「閉経」とされます。

 

日本人女性は、平気で50.5歳頃に閉経を迎えます。閉経によって女性ホルモンは急激に変化します。ぐんと減ってしまうのです。

 

ホルモンバランスが突然変化したことでココロとカラダに色んな影響を与えます。また、子宮がんや子宮筋腫といった病気になりやすい時期でもあるので、一度婦人科を受診することをおすすめします。

 

参考:ホルモンバランスを整える方法とおすすめサプリメント

 

<何故閉経が起きるの?>

 

女性ホルモンはを作っているのは、卵巣の中の「卵胞」という組織です。卵胞は、女性が生まれる前の胎児の時点で約200万個存在しています。生まれてきて成長しても、卵胞が作られることはありません。増えずに、減っていく一方なのです。50代頃で卵胞がすっかりなくなり、女性ホルモンが作られなくなって月経が来なくなるのです。

 

<更年期障害と更年期症状>

 

「更年期」とは、閉経が起こる前後10年間のことをさ指します。この時期に閉経の影響で体の不調を受けますが、これが「更年期症状」です。「更年期障害」とは、更年期症状が酷く日常生活に支障をきたす程のときのことをそう呼びます。

 

閉経後、更年期症状を感じる女性は全体の9割、更年期障害と診断される人は全体の3割程度とされています。

 

更年期は女性であればいずれ迎える事になる時期です。大体の女性が10代前半から半ば頃にかけて初潮を迎え、長く付き合っていく月経ですが、月経がなくなることはそれ以降の自分の体について考え直していくきっかけになることでしょう。

更新履歴